加齢臭予防ガイド

加齢臭の予防方法を隅から隅までまとめています。

脂肪をとるならオメガ3!脱・トランス脂肪酸でオヤジ臭を対策

      2015/12/12

Bowls of whole and ground flax seed with linseed oil加齢臭は中年以降に気になり始めますが、老化現象の一種なので誰にでも起こる事です。

原因はノネナールという皮脂の酸化で発生する物質ですが、体質改善をすれば加齢臭を軽減する事が出来ます。

多くの人が加齢臭に悩みながらも、年だから仕方ないと諦めてしまいますが、意外と簡単方法で改善できるのです。

加齢臭対策には抗酸化作用のある食べ物を取り入れてください。抗酸化作用は体の酸化を抑える事ができるので、加齢臭の原因もある程度は解消出来ます。

体に必要な脂質は「オメガ3脂肪酸」がおすすめ

yasai昨今では食生活の欧米化などの影響もあって、トランス脂肪酸を多く含む食事に変わりつつあります。

トランス脂肪酸は体臭や加齢臭をキツくする原因となります。

しかし脂肪も健康維持には欠かせない栄養素なので、完全に断ってしまうのも問題です。脂肪酸を摂取するなら、ヘルシーなオメガ3脂肪酸を選びましょう。

オメガ3脂肪酸には、抗酸化作用もあるので体の酸化を防ぎ加齢臭対策にもつながります。

オメガ3脂肪酸はどんな食品に含まれる?

b08f76364eb278da076343aae0c0fed61

オメガ3脂肪酸を豊富に含むのは、青魚や緑黄色野菜の他に、くるみ油や亜麻仁油があります。

肉中心の食事は体臭をキツくするので、魚中心の食事に切り替えるのがおすすめです。

加齢臭にもなりますし、オメガ3脂肪酸は悪玉コレステロールを退治したり、中性脂肪を下げる効果も期待出来ます。

くるみ油や亜麻仁油は加熱には不向きなので、ヨーグルトに混ぜたり、サラダのドレッシングなど加熱せずに使いましょう。

面倒な人はティースプーン1杯程度をそのまま飲んでもOKです。

 - 食事で加齢臭を予防